はい。

既に大劇場公演が千秋楽を迎えた「王妃の館」ですが。

既に2日目から遠征し、千秋楽前にも遠征し、4回ほど観劇させていただいております。


オススメは…双頭の鷲から続けてのフランス人・ピエール…

いや、赤ワインですかね。



正直、日本語忘れてないか心配してるんですけど、ボキャ貧は元からだし大丈夫でしょう。

あとはルイ14世とか光ツアーの面々とか、影ツアーのガイドさんとか、クレヨンの胸とか脚とか、色々見所はあるんですが、東京でまたじっくり楽しもう。

とりあえず、随所でお腹抱えて笑いつつ涙が溢れるので、腹筋と感情が忙しいことは間違いないです。

からの!


FESTA!!

びーば、びばびばふぇすた♪
びーば、びばびばふぇすた♪

どっこいしょー、どっこいしょー!

ソーラン、宙組!!!



(ご想像におまかせします。)



けど、やっぱり王妃の館のソロとか、ショーのデュエダンとか、

慣れ親しんだみりおんがもう大劇場で観るの最後だな、って…

泣けますよね。

東京まだまだ観るんだけどね。

って、仕事の都合もあり、千秋楽は断念してニュースやらで緑袴のみりおんに感涙してたらですよ?



は?

もう何言ってるんだかわからないんですが。

今、ずっと宙組を2代に渡って実力で支えたみりおんの最後を見送ってるところよ?

宙組どうするのよー!!!

まぁ様あっての宙組でしょ?

娘役トップ不在とか、まぁ様なら納得だし、どうでも良かった。

今年はショー付→コンサート→ショー付とか何て幸せな年だと思ってた。(贔屓がコンサートなので、贔屓も喜んでるし、通いまくるし)

贔屓、客席下りで踊らずに釣り楽しんでる場合じゃないぞ…

贔屓のお茶会は贔屓楽しそうだったけど、目の下にくっきりとクマがあって…何かあるのかな。とは思ってました、正直。

楽しい舞台なのに、どこかはじけてなくて。東京来たら変わるかなとか思った。

だからって、だからって!

地獄です。

涙で前が見えない。

とりあえず今、私が出来るのは予定通り王妃東京通いまくるしかない。

コンサートも、次の本公演も。

贔屓がどうなるのか、それは後でわかるから今はみりおんを見送るだけ。

来年どこにいるかはわからないけど贔屓についていくのは間違いないから。